PING G430 10Kドライバーに挿すのはTOUR 2.0 CHROMEか? BLACKか?徹底比較

ギア&スクールレビュー

MOI(慣性モーメント)が10,000超えという脅威の直進性で話題になっている、PING G430 10K。 

実際本当に曲がらない! 

ただ、カスタムシャフトのモデルを買おうとすると、ドライバー1本10万超ということで、なんとか安くPING G430 10Kを購入する方法はないのか。。 

一つの方法が、PINGの純正シャフトのモデルを購入する事です。 

日米のツアーで人気のVENTUS TR BLUEのG430 10Kのカスタムモデルの定価が¥101,200に対し、PING純正のTour 2.0シリーズのカスタムモデルの定価が¥83,600と、2万円近く純正モデルの方が安いです。 

コストパフォーマンスを考えれば、絶対純正モデルを購入したいところ。 

メーカーの純正シャフトとというと、初心者が使うイメージですが、PINGの純正シャフトはHS45m/s以上のハードヒッターでも満足できるのか?

実際、PINGの純正シャフトはヘッドスピードが46m/s以上のハードヒッターでも十分にティーショットを武器できるというか、我々アマチュアにはちょうど良いスペック。 

PING純正シャフトのTour 2.0シリーズには、ChromeとBlackがありますが、実際どのように違い、それぞれどんなタイプのゴルファーに合っているのでしょうか? 

比較してみました。 

PING G430 10K TOUR 2.0 CHROME モデルの最安値はこちら↓

PING G430 10K TOUR 2.0 BLACK モデルの最安値はこちら↓

Tour 2.0 CHROMEとBLACKスペック比較 

今回テストしたのは、TOUR 2.0 CHROME 65Xと、TOUR 2.0 BLACK 65X。 

スペックを比較は以下の通り。 

 CHROME 65X BLACK 65X 
重量(g) 65 65 
トルク(度) 3.8 3.5 
キックポイント 中元 中元 
長さ(inch) 45.25 45.25 

スペックだけをみると、違うのはトルクのみです。 

念の為、スリーブもつけた実際の重量は以下の通り。 

TOUR 2.0 CHROMEは117g

TOUR 2.0 BLACKは118g

ちなみに、この重量は一般的なカスタムクラブシャフトよりは軽い設定になっています。 

私が普段使っている日米のプロに人気のTour AD DI 6Xのスリーブ付きの重量は以下の通り。 

私は普段、Titleistの最新ドライバーTSR3を使っています!

ちなみに、TitlesitのレンチでもPINGのスリーブを取り外すことができます。

1年間TSR3ドライバーを使ったレビューはこちら

Tour AD DI 6Xは124g

Tour AD DIの方が少し重いです。 

重さの点では、PINGのTOUR 2.0シリーズは、VENTUSシリーズやTour AD DIシリーズに比べて少し軽い。 

プロが使うシャフトに比べ、ハードすぎないスペックとなっているようです。 

ハードヒッター向けドライバーシャフトの選び方完全ガイドはこちら

打ってみると・・・ 

TOUR 2.0シリーズのCHROMEもBLACKも実際の重量もほとんど変わらないということで、実際に打ってみると。。 

TOUR 2.0 BLACK 

いつもは、Tour AD DI 6Xを使っている私にとってみると、少しだけ軽いフィーリング。 

ただ、軽い分シャープに振り抜けます。 

弾道はTour AD DI 6Xより少しだけ低くなりますが、スイングのフィーリングはほぼTour AD DIと変わらない。 

少しTour AD DIより軽い分、1-2m/sヘッドスピードが上がりました。 

初速が上がるので、飛距離も少しだけ伸びる結果に。 

ただ、軽い分、タイミングが少しだけ取りづらく、ひっかけやすい結果に。 

また、プッシュスライスはゼロ。Tour AD DIの時はたまに右にプッシュスライスが出るのですが、、。

Tour AD DIより捕まりやすいシャフトです。 

TOUR 2.0 CHROME 

BLACKからCHROMEに差し替えて打ってみると、 BLACKよりもシャフトが柔らかい。 

明らかに弾道が高いです。 

結論から言うと、アマチュアのハードヒッターに最適なシャフトです。 

TOUR BLACK 65Xのレビュー 

VENTUSやTour AD DIなどのプロが使う定番のシャフトはやはり、プロが使うには良いのですが、アマチュアが使うにはオーバースペックです。 

ヘッドスピードが45m/sから49m/sくらいのゴルファーならスライスも軽減できるのでぜひお勧めしたいシャフトです。 

以下のようなゴルファーに向いてます。

・HS45m/s前後 

・スライスを軽減したい 

普段はタイトリストTSR3ドライバーのTOUR AD DI 6Xを使っている私ですが、PINGのドライバーなら絶対このTOUR BLACK 65Xのシャフトを選択しますね。

PING G430 10K TOUR 2.0 BLACK の最安値はこちら↓

TOUR CHROME 65X のレビュー 

TOUR CHROMEも使いやすいシャフトですが、HS46m/sが打つとややしっかり感がありませんでした。 

ちょっと心許ない。 

HS42m/s前後のゴルファーなら、TOUR BLACKと同じくスライスが出づらいので、心強い武器になるでしょう。 

以下のようなゴルファーに向いてます。

・HS42m/s前後 

・球が上がらない 

・スライスを軽減したい 

PING G430 10K TOUR 2.0 CHROME の最安値はこちら↓

Comments

タイトルとURLをコピーしました