【2024年最新】CARVERサーフスケート買うならどのモデルが最適か?タイプ別おすすめ6選 

サーフ|Surf

サーフィンの陸トレに役立つサーフスケートのNo.1メーカーCARVER。 

最近は、YOW(ヤウ)などの振興のサーフスケートメーカーも出てきていますが、やはりサーフィンのリクトレにはサーフスケートというイノベーションを実現したCARVERのスケートボードが一番良いです。 

ただ、CARVERのモデルは数多くどれを選べば良いかわからないですよね。 

2024年最新のサーフスケートCARVERの選び方を解説します。 

CARVERの特徴 

CARVERは1995年カリフォルニアのVenice発のメーカー。 

日本人からするとカリフォルニアブランドと一括りにしてしまいがちですが、カリフォルニアって日本列島全体ほどの面積があり、かなり多様性がある地域です。 

カリフォルニアの北と南ではかなり文化も違います。 

CARVERはロサンゼルス周辺のメーカーなので、カリフォルニアの南寄りの中部、カリフォルニアの中心部の華やかな文化の影響を強く受けています。 

同じくカリフォルニアの南側のメーカーのChannel IslandsとLostとのコラボしたサーフスケートのモデルが充実しています。 

サーフスケートの第一人者として、トラックの開発に余念がなく初代から続くCXシリーズや可動域の大きいC7シリーズなどをリリースしています。 

米国のCARVERではトラックのバリエーションとして、さまざまなカラーも発売し始めています。 

プロサーファーの陸トレ用としての人気も高く、特に日本のプロサーファーの場合はほぼ100%CARVERを使っています。

YOWを使っている選手もいますが、かなり少数派です。 

そんなCARVERですが、2023年夏以降かなり日本での在庫がなくなってきている。 

2023年版のCARVERの選び方おすすめランキングはこちら

定番モデルの人気のCXトラックモデルの在庫がほとんどない状態。 

特に在庫が厳しいのが以下のモデルのCXトラックの在庫がほぼありません(なぜCXトラックにこだわるのかは後ほど)。 

・BLACK TIP 

・KNOX PHOHENIX 

・RESIN 

・SUPER SURFER 

・J.O.B BLUE TIGER 

・KAI LAVA 

・CI HAPPY

2024年これからCARVERサーフスケートを買うなら、在庫があるモデルの中から選ばなければなりません。 

では、在庫があるものの中でどれがおすすめなのか? 

CARVERサーフスケートの選び方 

トラック 

CARVERには現在、C7、CX4、C5の3種類のトラックが用意されています。  

結論から言うと、CX4のトラックを購入すべきです。  

C5トラックは2024年2月現在、トラックの販売も中止しており、新しいモデルでもC5トラックモデルはリリースされません。 

C7も良いトラックだと思いますが、CX4に比べて少し高価なのと前輪がフラフラしすぎるため、あまりおすすめできません。 

前輪がフラフラしてしまうと、サーフスケートの基本テクニックであるプッシュがしづらいので、低速でしか走れずつなまらなくなってしまうでしょう。 

実際、CARVERで陸トレしているサーファーをよく見かけますが、ほぼ100%、プッシュの基本ができてないです。まずはプッシュをマスターするところから始めましょう。 

CARVERの基本テクニックPUSHの習得方法はこちら。 

C7よりCX4の方が少ししっかりしたトラックで、基本中の基本であるプッシュがしやすい。 

C7に比べて少しターンがしづらいですが、少しハードな方が練習になるのでCX4がおすすめです。 

コスト面、性能面、どちらをとってもCX4です。  

CX4とC7の選び方詳しくはこちら 

TRITONシリーズではなく、SURFSKATEシリーズを  

CARVERには、SURFSKATEシリーズとTRITONシリーズがあります。  

TRITONシリーズの方が価格が安いですが、TRITONシリーズは”キッズ向け”です。  

トラックの高さが低く、力のないキッズや体重の軽い女性でもターンがしやすくなっています。  

成人男性だと、トラックの高さが足りずターンの時にサーフスケートのサイドが地面についてしまい、ターンがしづらいです。  

価格は高いですが迷わずSURFSKATEシリーズを選びましょう。 

Wheel Base(ウィールベース)  

サーフスケートの性能に最も影響するのがWheel Base(ウィールベース)。  

第一に、Wheel Baseを確認しましょう。  

Wheel Baseの長さが大きければ回転半径が大きくなり、安定性が増します。  

基本的にはWheel Baseが長いほど身長が高いサーファーに向いています。  

CARVERでは、17インチのWheel Baseが基本となっており、平均的な170cmの身長でWheel Base17インチのCARVERが適しています。  

Wheel Baseが短い方が回転しやすいのですが、180cmほどの身長の高い方が短い16インチ台のWheel BaseのCARVERを使ってしまうとターンが簡単すぎて練習にならないので、注意しましょう。 

以下の身長の基準でウィールベースを選びましょう。 

身長 適切なウィールベース 
160cm台 16inch台 
170cm台 17inch台 
180cm台 18inch台 

全長はできるだけ長いものを 

CARVERの性能としては、30インチとか32インチとかの全長はあまり気にしなくて良いです。  

全長ではなく、ウィールベースの長さがCARVERの回転半径を決めます。 

ウィールベースを基準に選ぶのが基本ですが、あまり全長が短いものだとサーフィンでの狭いスタンスが癖になってします。 

CARVERサーフスケートの一番のデメリットとして、狭いスタンスが癖になってしまうことなのですが、これを防ぐためには、できるだけ長いものを選ぶことです。 

どんなに身長が低い人でも30インチほどはある方が安心です。 

ウィールはデフォルトのMug Wheel 70mm Smokeで基本OK 

カーバーのウィールは、多くのコンプリートセットに付属している Mug Wheel 70mm Smoke 70mm 78a(黒いウィールですね)で特に不満を感じることはないと思います。 

硬さが78aで、標準的なちょうど良い硬さになってます。 

ウィールを変えるなら、少し硬めの69mm/81aをおすすめします。 

標準のウィールより少し硬めになっていて、パワースライドなどの技をやりやすいスペックです(その代わり、路面からの振動が多くなります)。 

CARVER純正の硬めのウィールはこちら↓ 

ネットで買える平行輸入品で全く問題なし

CARVERの日本での取り扱いは、ムラサキスポーツやサーフショップなどの正規販売店が主流ですが、価格が高い。 

円安もあり、正規販売店でのCARVERの価格はかなり高くなっています。 

楽天やYahoo!ショッピング、Amazonで独自にショップが平行輸入したモデルが販売されていて、正規代理店の価格より安価です。 

ネットの輸入品でも商品は正規代理店と同じなので、ネットの輸入品で全く問題なしです。

コンプリートモデルを

CARVERはトラックセットやウィールのみも販売されています。 

なので、スケートボードを持っていれば、CARVERのトラックセットのみを買って自分のスケートボードに取り付けることが可能です。 

ただ、トラックセットの価格を考えると、ネットで買える平行輸入品のコンプリートモデルを買った方がはるかにコスパは良いです。 

コスト的にあまりトラックセットを購入するメリットは感じません。基本的にデッキとトラック、ウィールがセットになっているコンプリートモデルを購入しましょう。 

CARVERサーフスケートの比較表 

現在、在庫があるモデルを中心の比較表です。 

Click!↑

まず、基準となるモデルはCARVERの登場当初からあるResinとKnox。現在在庫がほぼない状態ですが、マトリクスの中心に位置付けています。 

そのほかのモデルを比較するとこんな感じ。 

まずは身長の高さでモデルが選べますので、身長ごとに最適なモデルを探しましょう。 

次に、サーファーのライディングスタイル。 

WCTのプロのように、トライフィンのスラスターで波を縦に上がって大きなスプレーを飛ばしたり、エアリアルを決めたりというハイパフォーマンス系のCARVERと、ツインフィンのサーフボードでカットバックでつないで行くようなカービングを中心としたスタイルを重視したライディングスタイルのCARVERとで分けることができます。 

マトリクスを参考にしながら、最適なCARVERを選んでいきます。

おすすめのCARVERのモデル  

トラックはCX4、ウィールベースは身長÷10inch、TRITONではなくSURFSKATEシリーズと考えると、最適なCARVERのモデルはかなり絞られます。 

本来は、Black Tip、Super Surfer、Knox、Resinあたりがオールラウンドで最もおすすめなのですが、在庫がない2024年、以下のモデルを選んでいきましょう。 

おすすめモデル No.1 Super Slab 

ResinやKnox、Super Surferなどの定番モデルの在庫がない中、最もオールラウンドに使えるのがこのSuper Slab。 

スタイリッシュ、パフォーマンス志向どちらにも対応できるCARVERのモデル。 

迷ったらこれを選んでおけば間違い無いでしょう。 

サイズ 31.25” 
WB 17 1/4” 
W 10 1/8 
対応身長 170cm~179cm 
サーファータイプ オールラウンド 

おすすめモデルNo.2 Aipa Sting 

Aipa Stingもクセがなく、定番モデルと同じくオールラウンドなサーファーに向いているモデル。 

Super Slabに比べると、少し身長は低めの方で、スタイリッシュ寄りのサーフスタイルのサーファーにおすすめ。 

ハワイのシェイパーのシグニチャーモデルなので、ハワイの波が好きな方はこれを選ぶべき。 

サイズ(Length/WB/Width) 30.75”inch 
WB 16 3/4” 
W 10 1/4” 
対応身長 165cm~175cm 
サーファータイプ オールラウンド~スタイリッシュ 

おすすめモデルNo.3 Puddle Jumper 

ボードを波に対して、縦に振り上げて大きなスプラッシュを上げるようなパフォーマンス系サーフィンを志向するならこのLostサーフボードとのコラボレーションモデルPuddle Jumperがおすすめ。 

パフォーマンス系となるとPuddle Jumper 以外に、Al Merrick とのコラボモデルのCI Happyもおすすめですが、CI HappyのCXモデルの在庫がかなり厳しくなっているため、手に入れようとするとかなり割高になってしまいます。 

とになく派手なアクションを目指すサーファーならこのサーフスケートを。 

サイズ(Length/WB/Width) 30.75”inch 
WB 16 3/4” 
W 10 1/4” 
対応身長 160cm~175cm 
サーファータイプ ハイパフォーマンス 

おすすめモデルNo.4 Firefly 

CARVERの基本モデルResinを少し小さくしたのがこのFirefly。 

少し身長が低めの方が、オールラウンドで使えます。買っておいて間違いないモデルです。 

サイズ(Length/WB/Width) 30.25”inch 
WB 16 1/2” 
W 9 7/8” 
対応身長 160cm~170cm 
サーファータイプ オールラウンド 

おすすめモデルNo.5 RNF Retro 

最近よく見る、ツインフィッシュなどのツインフィンに乗っているサーファーに是非おすすめなのが、RNF Retroです。 

レールを使ったカービング系のサーフィンを練習するならこのCARVERを使いましょう。 

サイズ(Length/WB/Width) 29 1/2”inch 
WB 16 1/2” 
W 9 7/8” 
対応身長 160cm~170cm 
サーファータイプ スタイリッシュ 

おすすめモデルNo.6 Green Room 

長身のサーファーにおすすめなのがGreen Room。 

長さもWheel Baseもあるので、回転半径が大きいミッドレングス使用しているサーファーにもおすすめ。 

サイズ(Length/WB/Width) 33 3/4”inch 
WB 18 7/8” 
W 9 7/8” 
対応身長 175cm~ or ミッドレングス使用サーファー 
サーファータイプ スタイリッシュ 

Comments

タイトルとURLをコピーしました