2024年注目の新しいフィンの選択肢。DEFLOW(デフロウ)のおすすめフィン3選 

サーフ|Surf

サーフィンのフィンの二大メーカーとは、言わずとしれた米国のFutursとオーストラリアのFCS。 

日本ではFCSの方が人気ですが、米国ではFuturesの方が人気ですね。 

FCSのトライフィンのおすすめトップ7はこちら

2024年新しい注目のフィンが登場しています。 

その名も「DEFLOW(デフロウ)」 

フランス発で、とにかくデザインがかっこいいサーフボードのFIN。 

性能能的には、全体的に非常に軽量なのが特徴です。 

このDEFLOW、Futuresにフィンシステムにも、FCS2のフィンシステムにも対応したモデルを出しているので、自分のフィンシステムに関わらず装着できるのが嬉しいです。 

FCS2はEVOというモデル、FuturesはFULL TABというモデルを選べば大丈夫です。 

モデルがたくさんありますが、新しいメーカーゆえにどれを選んで良いかわからない方にDEFLOWのおすすめモデルを紹介します。 

DEFLOWおすすめモデル 

DEFLOWの場合、サイズ展開はMとLがありますが、モデルによってはワンサイズしか展開していないものもあります。

サイズの選び方はFCSと同じ基準でOKです。

体重だけでは選んではいけない!

FCSフィンのサイズの選び方はこちら

おすすめNO.1 HIGHLINE 

DEFLOWの人気モデル。

とにかくスピード重視のフィンがこれ。

日本のブレイクの速いビーチブレイクには最適です。

センターフィンが少しだけサイドフィンより小さくて、切り返しでテールをスライドしやすい形状です。

FCSのフィンでいうと、人気のAl MerrickやTokoroのフィンに似ているタイプです。

サイズ展開M、L
最適な波のコンディションオールラウンドだが、ビーチブレイクで特に威力を発揮する
最適なサーフボードハイパフォーマンス系

FCS2対応モデルはこちら↓ 

Futures対応モデルはこちら↓ 

おすすめNO.2 LEGI ALONSO 

かなり特徴的なDEFLOWのフィンがこのLEGI ALONSO。

LEGI ALONSOのInstagramはこちら

サイドフィンの大きさはLサイズで、センターフィンのサイズがかなり小さくSサイズくらい。

サイドのフィンがかなり大きく、センターフィンが小さいので、ツインフィンのような感覚でトライフィンのボードを操れるタイプ。

オルタナティブなトライフィンのボードにセットすると、ライディングの幅が広がるでしょう。

サイズ展開ワンサイズ(Lサイズ相当です)
最適な波のコンディションオールラウンドだが、ビーチブレイクで特に威力を発揮する
最適なサーフボードオルタナティブ系

Futures対応モデルはこちら↓ 

おすすめNO.3 SUPRA 

DEFLOWの中心になるスタンダードモデル。

全ての波に対応できる、オールラウンドタイプです。

迷ったら、これを買っておけば間違い無いです。

サイズ展開M、L
最適な波のコンディションオールラウンド
最適なサーフボードハイパフォーマンス系、オルタナティブ系

FCS2対応モデルはこちら↓ 

Comments

タイトルとURLをコピーしました