ディスタンスウェッジ

ギア&スクールレビュー

Vokey SM10買うならどのロフトの組み合わせ?ウェッジセッティングのおすすめ3選 

2024年3月8日に発売されたタイトリストのVokey DesignのSM10。 早速、購入を検討しているゴルファーは多いと思いますが、SM10はバリエーションが多いため、悩むのはそのセッティング。 ロフトのセッティングやソールの組み合わせ...
ギア&スクールレビュー

【2023年】Vokey ForgedとSM9の違い。結局どちらを買うべき?レベル別購入ガイド 

2023年4月にリリースされた日本専用モデルのVokey Forged。PGA、LIVツアープロの使用率が高いVokey Design SM9。製造方法、グラインド、フェース、コストパフォーマンスの違いから、どちらを買うべきかを解説します!
ギア&スクールレビュー

【2023年】Vokeyの選び方完全ガイド。自分に最適なウェッジを手に入れる方法とは?

Vokeyのインターネットでのカスタムオーダーは他のメーカーに比べてカスタムオーダーができるオプションが多く、カスタムできる度合いも大きいのが特徴です。 カスタムできるオプションが多いためにスペックにやなんでしまうゴルファーも多いですよね。
ギア&スクールレビュー

【2023年版】Vokey買うならどのロフトの組み合わせが最適?ウェッジセッティングのおすすめ3選 

2022年に発売されたタイトリストのVokey DesignのSM9は多くのPGA、LIVツアープロが愛用しています。 米国のプロはピッチングウェッジ(PW)、ギャップウェッジ(GW)、サンドウェッジ(SW)、ロブウェッジ(LW)の4本ウェ...
ターフ|Golf

インパクトで肘を体に密着させるのは間違い!本当に密着させるべきは?

Youtube のゴルフレッスン動画で、「右肘を体を密着させてインパクトすべき」、というのを見ますが、実際のところ、右肘を体につけてインパクトしているプロはあまりいません。 タイガーウッズ Driver Iron Shot ドライバー、アイ...
ターフ|Golf

経験者が語る!90台ゴルファーにGGスイングをおすすめしない理由

GGスイングは、 マシューウルフのコーチでも有名な George Gankas 氏が提唱するゴルフスイング理論です。 特徴としては、以下のようなものがあります。 ダウンスイングでクラブシャフトをシャローに下ろしてくる左膝を開きながら、ダウン...
ディスタンスウェッジ

球筋を操れるようになる|9弾道プラクティスを取り入れよう

ディスタンスウェッジでの弾道を操る事ができるようになると、ラウンドでの微妙な距離の調整ができたり、障害物を避けてピンを狙えたりできるようになります。 習得すべき弾道はこの9つです。 ストレートハイストレートローストレートドローハイドローロー...
ディスタンスウェッジ

スコアアップには必須!4本ウェッジのススメ

ショートゲームでスコアを縮めるためには、やはりウェッジはPW、GW、SW、LWの4本の方が有利です。 理由は単純です。 3本のウエッジより4本のウェッジの方がショットのバリエーションが増えて、ピンに寄せる確率が高くなるからです。 例えば、デ...
ディスタンスウェッジ

ディスタンスウェッジで引っ掛ける|始動で手元が浮いていませんか

ディスタンスウェッジで引っ掛けが多い方 ティーショットが会心の当たりで、残り100ヤードくらいの距離からパーオンを狙うコントロールショットで、引っ掛けてサイドバンカーに捕まり、バンカーからも1打で出ずに4オン2パットのダブルボギーのようなシ...
ディスタンスウェッジ

フェースを開けない方必見|ウェッジのフェースを開いて打つ方法

バンカーショット以外でもウエッジのフェースを開いて打つスキルを身につけることができれば、いくつかのメリットがあります。 ディスタンスウェッジでの微妙な距離の調整ができるフィネスウェッジで高い球を打つことできる左足下りの難しいライでもうまく脱...