フィネスウェッジ

ギア&スクールレビュー

Vokey SM10買うならどのロフトの組み合わせ?ウェッジセッティングのおすすめ3選 

2024年3月8日に発売されたタイトリストのVokey DesignのSM10。 早速、購入を検討しているゴルファーは多いと思いますが、SM10はバリエーションが多いため、悩むのはそのセッティング。 ロフトのセッティングやソールの組み合わせ...
ターフ|Golf

フィネスウェッジの50ヤード以内の距離調整法。コツはサーフィンでの波サイズ? 

プロの試合を見ていると、50ヤード以内のアプローチは大体ピンから1m以内に寄せてくるイメージですよね。 プロはどのように50ヤード以内のアプローチを寄せてくるのでしょうか? まず、大事なのは”ピンから1.5m以内に寄せること”です。 実は、...
ターフ|Golf

フィネスウェッジ徹底解説!ザックリやトップが激減するシングルへの必須テクニック

アプローチというと短い距離はチッピング、30ヤード以上ならピッチ&ラン、高くあげたいならピッチショットと教わってきた人は多いのではないでしょうか。 チッピングはボールを右側に置いてとか、リラックスしてボールの赤道を打つとか、そんな感じでアプ...
ギア&スクールレビュー

PGA、LIVツアートッププロのウェッジセッティングから選ぶVokeyウェッジ  

PGA、LIVツアーでも人気の高いVokey Design SM9。 2023年6月最新 のVokeyウェッジを使用するトッププロ等のセッティングについて紹介します。 VokeyにはSMシリーズと日本限定のVokey Forgedの2種類あ...
ギア&スクールレビュー

【2023年】Vokey ForgedとSM9の違い。結局どちらを買うべき?レベル別購入ガイド 

2023年4月にリリースされた日本専用モデルのVokey Forged。PGA、LIVツアープロの使用率が高いVokey Design SM9。製造方法、グラインド、フェース、コストパフォーマンスの違いから、どちらを買うべきかを解説します!
ギア&スクールレビュー

【2023年】Vokeyの選び方完全ガイド。自分に最適なウェッジを手に入れる方法とは?

Vokeyのインターネットでのカスタムオーダーは他のメーカーに比べてカスタムオーダーができるオプションが多く、カスタムできる度合いも大きいのが特徴です。 カスタムできるオプションが多いためにスペックにやなんでしまうゴルファーも多いですよね。
ギア&スクールレビュー

【2023年版】Vokey買うならどのロフトの組み合わせが最適?ウェッジセッティングのおすすめ3選 

2022年に発売されたタイトリストのVokey DesignのSM9は多くのPGA、LIVツアープロが愛用しています。 米国のプロはピッチングウェッジ(PW)、ギャップウェッジ(GW)、サンドウェッジ(SW)、ロブウェッジ(LW)の4本ウェ...
ギア&スクールレビュー

【2023年】フィネスウェッジ習得のために買うならどのウェッジか?おすすめトップ3選 

パー4のセカンドショットでグリーン手前30yまで運んで、さあウェッジで寄せてパーかボギーで抑えたい。 でも、気合入れて3打目アプローチしたらザックリで、数yしか飛ばず。 しっかりダウンブローで打とうと思い右側にボールを置いてスイングすると今...
フィネスウェッジ

これでフィネスウェッジがフワッと打てる!グローブドリル

フィネスウェッジで短い距離でもPGAツアープロのように、フワッとあげるショットが打てると、グリーン周りの選択肢が増えます。 グリーンエッジからピンが近い グリーンエッジまでに窪みがあり、チッピングでは距離感が掴みづらい グリーンが速い 奥か...
ディスタンスウェッジ

フェースを開けない方必見|ウェッジのフェースを開いて打つ方法

バンカーショット以外でもウエッジのフェースを開いて打つスキルを身につけることができれば、いくつかのメリットがあります。 ディスタンスウェッジでの微妙な距離の調整ができるフィネスウェッジで高い球を打つことできる左足下りの難しいライでもうまく脱...